携帯レンタルと未成年

何かを借りる時には、年齢制限が発生するケースなどもあります。例えばクレジットカードなどはその1つです。クレジットカードの場合は、20歳以上が契約条件になっているというケースなどはよく有ります。もっともカーズの中には、18歳以上でも大丈夫というものなどもありますが。その年齢制限というのは、果たして携帯レンタルのサービスにも存在するのでしょうか。存在する場合と、そうでない場合があります。そしてどちらかと言うと年齢制限がない場合の方が多いです。ただし未成年の場合は成年に比べると、色々と必要な条件などがあります。例えば、親権者の同意が必要になってきます。そもそも携帯電話を未成年の方が契約をする場合にも、ご両親の同意が必要になってくるものですが。上記で申し上げたクレジットカードでも、同意が必要となってくるものです。ただし未成年の場合は全てお断りというレンタル会社などもあります。会社によって様々異なっていますが、全般的には未成年でも契約は可能というレンタル会社が多いです。

携帯レンタルの延長の連絡

携帯レンタルのサービスを利用する時には、利用期間の延長をしたいと思うケースなどもあります。例えば一番最初の段階で、「1週間」のレンタルをするという契約を結んだとします。ところが色々な理由で、あえてもう3日間レンタル期間を延長したいというケースなどもあり得るものです。では延長する事は可能なのでしょうか。可能ではあります。しかし注意するべき点もあります。というのも、まず一度はレンタル会社に連絡をする必要があるのです。延長したいという旨を、レンタル会社に一度電話などで通知する必要があります。その通知を怠ってしまいますと、延滞料金が発生してしまうケースなどがあるそうです。もしも延長したいと思った場合には、まず連絡するのを忘れないようにしておきたいものです。思えば私も図書館から本を借りた時には、延長の手続きをするために図書館に連絡をしたことがありますが。それと同様に、携帯電話を借りる時にも延長のための連絡が必要になってくる訳です。

携帯レンタルの個人と法人の支払い方法

携帯レンタルのサービスは、対象は個人だけではありません。法人でもそのサービスを利用することが可能です。個人と法人の場合は、実は支払い方法などにちょっとした違いがあります。結論から申し上げると、法人の場合はクレジットカード払い以外も可能です。個人の場合は、基本的にはクレジットカード払いのみというレンタル会社が非常に多いです。ところが法人の場合は、一定の条件を満たせばクレジット払い以外も可能となってくることがあります。その条件なのですが、レンタル会社による審査が発生することになります。それともう1つの条件ですが、レンタル会社によっては保証金が必要になってくるケースがあります。それらの条件を満たした場合は、法人の場合はクレジット払い以外の支払い方法なども利用可能にわけです。ただし上記の保証金などの条件は、必ずしも全てのレンタル会社で採用されている訳でもありません。レンタル会社によってシステムに色々と違いがあるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)