携帯レンタルの秒課金

我々が普段用いている携帯電話というのは、1分ごとに料金が発生するパターンが多いです。例えば、1分1秒の通話時間だったとします。その場合は、2分間の通話時間としてカウントされます。切り上げがなされるわけです。もちろん0分45秒だった場合などは、1分としてカウントされるものですが。ところが携帯レンタルの料金システムの場合は、そうとは限りません。秒課金というシステムが採用されていることが有るのです。上記の場合は、あくまでも1分1秒分の通話料金が発生することになるわけです。通常の携帯と異なり、切り上げがなされるわけではないのです。ただし全てのレンタル会社がその秒課金というシステムを採用しているわけでもありません。会社によってその課金のシステムなどは、色々と異なっているのです。ただ、そこそこ多くの会社が秒課金のシステムを採用しているようです。

賃貸の敷金と携帯レンタルのデポジット

賃貸の住宅のシステムの1つに、敷金があります。実はこれは、携帯レンタルのサービスとも大きな関係があります。ちなみに携帯レンタルも賃貸住宅も、どちらも「借りる」ものですが。敷金というのは、万が一の破損などが発生した時に対するものです。長期間の居住によって、住宅に傷などが発生してしまう可能性もゼロではありません。その場合には補修の必要があります。その補修費を敷金から差し引くというシステムになっているのです。もちろん傷がつかなければ、敷金は返金されることになりますが。携帯レンタルのサービスでは、デポジットというシステムがあります。それは敷金に似ているものです。考え方としては上記と同じです。携帯に破損などが発生してしまった時などに対するものです。もしくはレンタル会社の無料通話分を超えた通話料金が発生した場合に、デポジットから差し引かれることなどがあります。ですので敷金とデポジットには微妙な違いはあります。しかし考え方としては、似ている一面があると思います。

将来を考えて携帯レンタルを使うと

中身のある人生を送りたいと思ったことはありませんか。現在は携帯を利用すること一つとっても、多くの情報が入っています。携帯レンタルはそうした中の一つであり、業者さんに電話機を借りて、自分のアドレスとして使うことができるのです。これは、2年とか3年など長い契約ではなく、一日単位なので、山登りなど特定のイベントだけでも使うことができます。自分の個人情報を隠したい時や、仕事で別の電話を使いたい時、海外旅行で自分の電話が使えない時などに重宝するでしょう。将来を考えて携帯レンタルを今のうちに使っておこうとする人もいます。これは、芸能人など有名な人たちがよく使う手で、自分の本当の姿を見せると何かと都合が悪い時に、こうした電話でアドレスを増やしておくのです。意外とこれを利用している人は身近にもおり、その利用度はどんどん高くなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)